1. TOP
  2. 気象庁
  3. 報道発表
  4. 気象庁:記録的な大雨となっていることをいち早くお知らせします ~記録的短時間大雨情報のより迅速な発表~

気象庁:記録的な大雨となっていることをいち早くお知らせします ~記録的短時間大雨情報のより迅速な発表~

気象庁ロゴマーク

気象庁:平成28年9月15日 報道発表資料より

気象庁から発表される「記録的短時間大雨情報」の発表が、本年9月28日12時より、より迅速化されます。
これまでよりも、最大30分早く発表されるようになります。

<気象庁ホームページ:平成28年9月15日 報道発表資料>
http://www.jma.go.jp/jma/press/1609/15a/2016091509.html

記録的短時間大雨情報は内閣府がとりまとめた「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」においても、市区町村における避難勧告等の発令の判断材料とすることが盛り込まれています。
~記録的短時間大雨情報とは~
数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測(地上の雨量計による観測)したり、解析(気象レーダーと地上の雨量計を組み合わせた分析:解析雨量)したりしたときに、各地の気象台が発表します。
現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるためのもので、大雨を観測した観測点名や市町村等を明記しています。(詳しくは下記のリンクをご確認ください)。

<気象庁ホームページ:記録的短時間大雨情報>
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/kirokuame.html